ここは各馬の得意なペース、理想的な展開等をざっくりとまとめていくページです。
分析を荒くまとめたのみのページでサッと分析の結果を頭に入れておきたい人はこちらでどうぞ。
競馬場の特徴もざっくりとまとめておきます。

今週は【スプリングS】についてざっくりとまとめていこうと思います。


中山競馬場 芝1800m 特徴

中山1800


右回りのコーナー4回のコースです。
直線は310mと中央4場では最短となっています。
直線最後には高低差約2.2mの急坂が待ち構えているコース。

中山芝1800m 3歳以上重賞平均タイム

前半3F36.0 - 中3F 36.1 - 後半3F35.6
重賞平均タイム 107.7秒


平均して12秒程度のラップが多く、ワンペースで緩まないコースであることが推測されます。
各ハロンの平均は
前半3F平均:12.0秒 中3F平均:約12.0秒 後半3F平均:11.8秒
となっており、緩まない流れで推移していくコースといえるでしょう。 

出走馬の得意ペース等ざっくりまとめ

アサヒ
・後傾~中間ラップ向き、全体としても中間よりのラップ。
・上り勝負にも対応は可、上りのかかる競馬のほうが良い。

アライバル
・後傾ラップ向き、全体としても後傾ラップ、中間以上への対応は難しい。
・一瞬のキレ味で勝負するタイプ、上りのかかる競馬では少し分が悪い。

アルナシーム
・中間ラップ向き、全体としては前傾ラップが良い。
・上り勝負よりは上りのかかる競馬。

エンギダルマ
・中間ラップ向き、全体としても中間ラップが良い。
・上り勝負よりは上りのかかる競馬のほうが良いが、重賞レベルでは少し厳しいか。

オウケンボルト
・後傾ラップ向き、全体としても後傾が良い。
・上り勝負よりは上りのかかる競馬向き、ハナをとるかどうか。

グランドライン
・中間ラップ向き、全体としては後傾ラップが良い。
・上り勝負では物足りず、上りのかかる競馬のほうが良い。

サトノヘリオス
・中間ラップ向き、全体としても中間程度に流れるほうが良い。
・上りのかかる競馬のほうが良い、外を回して差し切る力はなく、ロスなく立ち回る内容が理想。

サノラキ
・前傾ラップ向き、全体としても前傾に流れたほうがよい。
・消耗戦向きの馬、上りのかかる競馬が良い、芝初挑戦で重賞は少し厳しいか。

ソリタリオ
・中間ラップ向き、全体として中間ラップ以上が良い。
・上り勝負よりは上りのかかる競馬のほうが良い、ワンペースでの競馬が良いが1800m以上は未知数。

ディオ
・後傾ラップ向き、全体としても後傾ラップがよい。
・上り勝負が理想だが、上りのかかる競馬への対応も見せる、対応を見せたレースのレベルがどの程度か。

トーセンヴァンノ
・後傾ラップ向き、全体としても後傾ラップが望ましい。
・上り勝負が得意だが、現状のレベルでは重賞は厳しい。

ドーブネ
・中間ラップ向き、全体としては前傾に流れるほうが良い。
・上りのかかる競馬が良く、上り勝負は期待できない。

ビーアストニッシド
・後傾~中間ラップ向き、全体として後傾~中間ラップであれば対応可能。
・上り勝負も上りのかかる競馬にも対応できる、好走範囲は広い。










その他競馬の情報は↓をどうぞ

中央競馬ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村