見解用


今週は安田記念ですね、上半期のG1戦線もここでいったん終わりを告げることになり、2週開いたのちに、宝塚記念が開催され、上半期の競馬が終わります。
安田記念が開催となると、今年も半分ほど来たなぁと毎年思いますね。
上半期の大詰めである安田記念でもデータやタイムを駆使して予想をしっかりと立てていきましょう。
それでは安田記念のデータの紹介です。











東京競馬場1600m特徴

東京1600m


東京競馬場は向こう正面右奥からスタートし、コーナーを2回回るコースとなっています。
スタートから3角までの距離は542mと長く、最後の直線距離も525.9mと同様に長く、コースの大半を直線が占めるコースです。
1600m戦では下り坂スタートとなり、3角手前に緩い上り坂、登り切った後から3角の中ほどまで下り、直線のなだらかな坂まではほぼ平坦なコースと少しのアップダウンが特徴ととれるコースでしょう。

コースの形態上、直線の占める割合が大きく、ペースが速くなりがちで、先行争いが終わり一息入れたい3角周辺で下っている点もあって、一息入れにくい競馬場であるかなと思います。
また最終の坂も高低差2mとあってそれなりにパワーも要求されてくるコースかとみています。

安田記念 データ

いつも通り上位人気馬の成績からです。

1人気(3.3.2.2)
2人気(1.0.1.8)
3人気(1.3.1.5)


1人気は複勝圏8割と抜群の信頼度を誇っていますね。
逆に2人気に関しては複勝率が2割と頼りない数字となっています、ちなみに4人気も同様の成績で振るっていません。
3人気に関しては半分が複勝圏を確保しており、人気に対しての結果は及第点といったところでしょうか。
配当面では上の通り1人気は良い成績を残しているものの、3連単で10万オーバーが過去10年で6回と荒れ模様の様相を呈しています。
16年以降は絡んでいないものの、二桁人気の伏兵の好走が過去10年の複勝圏30頭中6頭と割合高くなっているように思えます。
また中位人気である5~9番人気の好走も目立ち、堅く決まるというレースというよりは荒れる要素の強いレースだといえるでしょう。
混戦が見込めるのであれば手広く馬券を買っていく方が無難なレースであるかなと思います。


①トライアル戦の優勝馬は切り

優先出走権を確保できるトライアルレースがマイラーズカップと京王杯スプリングカップの2競走となっています。
この2レースに焦点を当て、優勝馬の成績を見てみましょう。

マイラーズカップ優勝馬 (0.0.1.8)
京王杯優勝馬 (0.0.1.7) 

上のようになっており、本番での成績は振るっておらず3着どまりの成績であることがわかるかと思います。
トライアルレースの優勝馬は成績が振るっていないことを覚えておきましょう。

②ノーザンファーム生産馬が好走傾向

ノーザンファーム生産馬は馬券を買ううえでチェックするポイントの一つと言って過言ではないでしょう。
そんなノーザンファーム生産馬ですが、17年以降の5年で成績が急上昇しており(3.3.2.12)となっています。
19年と20年に関しては上位を独占しており、脳死でノーザンファーム生産馬は馬券に入れておくべきでしょう。
特筆すべきは牝馬の成績のよさで、18年以降の牝馬の成績は(1.4.1.2)で、このうち当日人気が1~3人気の上位人気であればすべてが馬券に絡んでいるというものでした。
ノーザンファーム生産馬には注目するべきレースでしょう。

③不人気馬は過去の安田記念の成績から

過去10年の馬券に絡んだ30頭中11頭は安田記念で5着以内に入った実績のある馬でした。
当日の人気がある馬が6頭、不人気だったといえる馬が5頭と、不人気でも十分に買えるデータとして 有効かと思います。
グランプリボスやサトノアラジンといった不人気馬が過去の安田記念で5着以内に入り、リピーターとして安田記念の馬券に絡んでいます。
近走が振るっていなくても過去の安田記念で5着以内に入ったことのある馬には注目していきましょう。

④7番枠は死に枠

馬番7番は過去10年で(0.0.0.10)と一頭も馬券に絡んでいません。
過去10年であれば誤差の範囲かと思いますが、7番枠が最後に馬券に絡んだのは05年のアサクサデンエンとなっており、15年以上馬券に絡んでいません。
オカルトチックなデータではありますが、頭の片隅に置いておくのもよいかと思います。



以上が過去10年における安田記念のデータです。
1人気は軸として信頼できるものの、配当に関して言えば高配当の年が多く、荒れるレースであるといえるでしょうね。
馬券の買い方は、伏兵の好走も多く、手広く買っていくという方が無難でしょうか。
毎週のお題目のようになっていますが、こういうレースでこそでかい配当を狙いたいものですね。
今週も個別のタイムとラップや過去5年のラップ推移、分布を掲載していこうと思います。



その他競馬の情報は↓をどうぞ

中央競馬ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村