見解用

前半戦のG1も残すところあと宝塚記念のみとなりました。
安田記念が終わり、宝塚記念までの2週G1戦線もいったん途切れ、G3の重賞レースが続きます。
今週は東京で行われるG3競走のエプソムカップの個別ラップ等の計測を行っていこうと思っています。
今回の記事ではエプソムカップにおけるデータの掲載を行っていきます。
予想に反映できるデータであれば幸いです。
それではエプソムカップのデータです。



東京競馬場1800m特徴

東京1800


東京1800mは1角~2角の間にあるポケットをスタート地点とするコースで、斜めに切れ込んで、向こう正面に合流するという少し特殊な面があります。
スタートから向こう正面の合流地点までの距離は約150mとなっています。
3角手前に差し掛かるところから緩い上り坂となり、3~4角にかけては下り坂、最後の直線では高低差2.1mのなだらかな登り坂です。
最後の直線は新潟競馬場に次ぐ長さを誇る約525mとなっています。

スタート地点の形状から判断できる通り、斜めに切れ込んでいくコースも相まって外枠が非常に不利になるコースです。
また最後の直線も長く、なだらかな形状ではあるものの上り坂もあり、差し追い込みの決まりやすいコースでしょう。


エプソムカップ データ

上位人気馬の成績から見ていきましょう。

1人気(2.2.1.5)
2人気(3.1.1.5)
3人気(1.2.0.7)


1人気と2人気に関しては複勝率で見れば5割と及第点にいるでしょう。
勝ち馬という面では2人気のほうに軍配があがるものの、軸という意味では概ね互角の成績を残しているといえるでしょう。
少し物足りないのが複勝率3割の3番人気で、上位人気馬の中では一番劣って見える成績となっています。
配当面では10万円に届かない程度の3連単の配当が多く、少し荒れる程度の印象ですね。
20年には400万オーバーの馬券が飛び出すなど、ここ3年で見ると、3連単の配当としてはまずまず。
ここ3年では馬連の配当が高く、5000円を超える配当が3年連続で出ています。
連対圏に中穴程度の人気の馬の好走が見られ、3着馬次第によってはかなりの配当が狙えるレースとみてよいでしょう。

①重賞実績のない牝馬は切り

牝馬の成績が(1.1.0.10)となっており、牝馬というだけで少し軽視したくなるデータが出ています。
この牝馬の1着2着の馬を見ていくと、16年1着のルージュバックと19年2着のサラキアとなります。
この2頭に焦点を当てると、ルージュバックはオークスで2着の重賞実績を持ち、サラキアはG2競争で2着がありました。
重賞実績が少しでもある方が良いレースができるかと思います。
20年にサラキアはもう一度このレースに出ているのですが、その時は13着と大敗を喫しており、「重賞実績のない牝馬」と「5歳以上の牝馬」は少し評価を落としてもよいかもしれません。

②複勝圏の中心は4歳馬

各世代別の成績を見ていきましょう。

4歳(6.6.4.19)
5歳(3.1.1.41)
6歳(1.3.3.27)
7歳(0.0.2.30)


若い世代ほど勝ち馬も多く、複勝圏に至っても4歳馬がかなりの割合を占めています。
過去10年で見た時も14年以外はすべての年度で3着以内に4歳馬が顔を出しており、馬券の中心を担っていることは間違いないでしょう。

③15年以降は逃げ馬が好成績

15年以降の逃げ馬の成績を見ていくと(1.1.3.2)と好成績を残しています。
3着以内の馬の人気を見ても、②⑥⑥⑦⑱人気と妙味も十分となっています。
15年以降各年度の逃げ馬は以下の通りです。

15年 エイシンヒカリ   2人気1着
16年 マイネルミラノ   6人気3着
17年 マイネルハニー   6人気3着

18年 スマートオーディン 6人気12着
19年 サラキア      7人気2着
20年 トーラスジェミニ  18人気3着

21年 エアアルマス    14人気16着

配当妙味を考えると今年も逃げ馬は買い目のどこかに入れておくのが良いかもしれません。




以上が過去10年におけるエプソムカップのデータです。
人気での絞り込みは少し難しいものの、しっかりと軸馬を見つけることができればよい配当にもありつけそうなレースかと思います。
今年はどうなるかわかりませんが、データを見る限りでは逃げ馬は良い配当の使者になりそうな雰囲気もありますね。
そこそこ荒れ模様のレースで予想のし甲斐もあるかなと思います。
今週も個別のタイムとラップ、過去5年のラップ推移と分布を掲載していきます。
予想に少しでも役に立てることができれば幸いです。




その他競馬の情報は↓をどうぞ

中央競馬ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村