見解用

今週は七夕賞のデータについて掲載していきます。
毎年のように3連単配当で10万オーバーの馬券が出ており、予想のし甲斐のあるレースだと思います。
大きい配当が取れるようにしっかりとデータ等駆使して頑張っていきましょう。
それではデータを見ていきましょう。











福島競馬場2000m特徴

福島2000


福島競馬場はホームストレッチ右端、4角のポケットからスタートして、ぐるりと1周を回ってくるコースです。
高低差はさほど大きくないが坂の頂上からスタンド前の直線は谷を下って登るような感じとなります。
1角までの距離は500mほどで、1角~2角はほぼ平坦となっています。
向こう正面からは緩い上り坂で3角~4角にかけてスパイラルカーブ。
残り400m付近から下り坂で直線の残り150mほどから再び上り坂という、細かなアップダウンのあるコースとなっています。
最後の直線の距離は約290mです。

スタートから最初のコーナーにかけて直線が長く、激しい先行争いは起こらないと思われます。
やはり起伏が多く、距離以上のスタミナが必要になってくるという点が特徴でしょうか。
開催が進んでくると内を開けての競馬を見かけることも多くなりますが、七夕賞では開幕から2週目とあまり気にしなくてもよいかと思います。
細かなアップダウンがあり、スピードの落ちにくいスパイラルカーブとあって前残りが多い競馬場でしょう。


七夕賞 データ

いつものごとく上位人気馬の成績から見ていきましょう。

1人気(2.1.1.6)
2人気(2.1.0.7)
3人気(3.0.0.7)


1人気は複勝率4割と信頼するにはいまいちな成績ですね。
2人気3人気は複勝率3割とあまり信頼できそうにありません。
とはいえ過去10年を見ると1着馬のうちの7頭は上位人気の馬で占めていますので、軸にするにはやはり上位人気の馬からということになるでしょうか。
過去10年を見てみると、3連単配当で10万越えが7回と基本的には波乱含みのレースとみてよいでしょう。
過去10年で3着内に二桁人気の伏兵が8頭入っており、大きな配当の狙えるレースでしょう。


①57キロハンデは買い、54キロ以下は割引

ハンデ戦ということでやはり気になるのは斤量。
積極的に買いたい斤量は57キロで(6.2.0.16)の成績。
勝率25%と連対率が33%は優秀な成績でした、やはり重い斤量を背負う馬にはそれなりの理由があるとわかります。
いまいち勝ち切れないイメージですが、57.5~58キロも優秀で(1.2.1.7)の成績を残しています。
複勝率で見れば55キロの(1.4.4.22)も紐づけで狙いたくなる数字となっています。
上の重い斤量とは違い、54キロ以下の斤量は(1.1.5.52)と割引傾向にあります。
軽斤量は狙いたくなりますが、七夕賞においては割引した方が良いと思います。

②実績馬を狙う

過去10年の優勝馬10頭中7頭に芝1800m以上の重賞での勝利歴がありました。
残る3頭のうち2頭にもOP特別勝利実績があり、七夕賞の頭には実績馬を選んでみてもよいかと思います。
残る1頭は12年のアスカクリチャンで、前走は東京新聞杯とステップレースとしてみても例外的な一頭ではありますので、気にする必要はないかと思います。
1800m以上の重賞実績のある馬から狙っていくのも一つの手かと思います。

③7歳以上の過信は禁物

7歳以上の成績が(1.1.1.40)と他の馬齢に比べて明らかに劣っています。
19年2着20年1着のクレッシェンドラヴも7歳の時の七夕賞では14着と大敗を喫しており、高齢馬の過信は禁物といえるでしょう。


以上が七夕賞の過去10年におけるデータとなっています。
例年あれているレースですが、今年こそはと意気込んでいる方もおられるのではないでしょうか。
ハンデ戦ではありますが、軽斤量の成績はあまりよくないというデータが出ています。
大きな配当を狙えるレースですので、データ等しっかりと精査していきましょう。
予想の役に立つことができれば幸いです。






その他競馬の情報は↓をどうぞ

中央競馬ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村