見解用

今週はオールカマーについてのデータを掲載していきます。
裏側の開催では神戸新聞杯が行われており、これから行われていくG1戦線の到来を予感させてくれます。
G1戦線へ向けてオールカマーを当てて弾みをつけていきましょう。
それではデータを見ていきましょう。










中山競馬場2200m特徴

中山2200


中山競馬場2200mは四角曲がり終えたホームストレッチ右端からスタートしゴール板を一度過ぎた後、外回りコースを一周してくるコースです。
1角までの距離は長く約430mで、最後の直線距離は中央4場の中では最短の310mと短い。
外回りの特徴的なコースを使用するため、2角~3角4角の中間までは緩やかなカーブを走ることになる。
さらに最後の直線には高低差2.2mの急坂が待ち構えているコースです。
スタートから600mほどは上り坂でその後は下り坂が続くことになります。

中山外回りのコースは特徴的な形をしており、外枠が不利を被ることが多いようですね。
特に重賞では11番より外に入ると成績が落ちていき、中枠あたりに好走馬が固まっているようです。
上り坂が終わってしまうと直線最後の急坂までは下り坂がほとんどとなっているため、先行馬が有利な傾向にあるようです。
開幕して間もないことも手伝って、特徴としては先行寄りの馬を本命にしていくということになりそうですね。
急坂を登るパワーや小回り適性も求められそうですね。


オールカマー データ


上位人気馬の成績から見ていきましょう。

1人気(2.2.1.5)
2人気(3.2.1.4)
3人気(1.3.3.3)


1人気は複勝率5割ですが、2.3人気が複勝率で上回っており、すべての上位人気馬が及第点以上の成績に見えますね。
2.3人気のほうが複勝率が上回っているため少し物足りない成績にも感じますが、さほど大きな差ではないので気にすることもないでしょう。
過去10年で連対馬の20頭中18頭が5番人気までとなっており、上位人気馬のつよいレースといえるでしょう。
最後の伏兵の連対に関しては14年2着ラキシスが7人気で、15年以降は5人気までで決まっておりここ最近はさらに上位人気馬の成績がよくなっています
配当面で見ても、14年以降は3連単10万オーバーを記録した年はなく、大波乱は考えづらいとみています。
また馬連での万馬券も92年以来30年近く出ておらず、連対してくる馬も上位人気馬ということになってきそうです。


①7歳以上の高齢馬は切り

各馬齢の成績は以下の通りです。

4歳  (4.5.3.14)
5歳  (5.3.5.36)
6歳  (1.2.1.28)
7歳以上(0.0.1.33)


上のようになっており、7歳以上の高齢馬は全くふるっておらず、過去10年で馬券になったのは15年ミトラ7人気のみとなっています。
また上の数字を見てもらえばわかる通り、馬券に入った30頭中25頭を4.5歳馬で占めており、充実の一途をたどる4.5歳馬が馬券のメインということもわかるかと思います。

②中5週以内の馬は切り

題名の通り間隔の詰まっていない馬が好走傾向にあるようです。
中5週の馬の成績を見てみると(0.1.0.43)となっており、過去10年では昨年のウインキートスの2着のみが馬券となっています。
かなりの数が出走しているにも関わらず、全く馬券になっていないということもあって割と信頼できるデータ化と思いますが、昨年のウインキートスが馬券になっている点は要注意でしょう。
取捨には迷うところですが、よほどの自信がない限りは中5週以内は避けておいた方がよさそうですね。

③牝馬

牝馬の成績が良く(4.4.0.13)で連対率38%と良好な数字が残っています。
特に近5年は5連対と連対率5割まで上昇し、買わない手はありません。
連対馬8頭中6頭にG1での連対実績があり、実績上位の牝馬は積極的に買っていきましょう。
4歳馬は連対率が6割、5歳馬が連対率22%なので、数字上は若駒を優先していきましょう。



以上がオールカマーの過去10年のデータです。
14年は新潟での施行となっていますが、それ以外は中山での施行です。
オールカマーとなると一流どころがたたきの舞台に持ってくるということもあってメンバーが多少豪華になりつつあります。
ここからG1へつながる馬も当然出走してくるでしょうし、ここからの競馬が楽しみですね。

後日計測した個別ラップを掲載予定です、お待ちください。




その他競馬の情報は↓をどうぞ

中央競馬ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村