見解用

今週は神戸新聞杯のデータを掲載していきます。
セントライト記念では関東の有力馬が出走権をめぐってしのぎをけずりました。
今週は関西の有力馬がしのぎをけずる番ですね。
本番の菊花賞に向けて、出走権が是が非でもほしい馬、そうでない馬、メイチの仕上げである馬、そうでない馬等しっかりと見極めていきましょう。
それではデータを見ていきましょう。




阪神競馬場2400m特徴

阪神2400



阪神競馬場2400mは2000mのスタート地点と同じ、正面スタンド右側からスタートします。
そこからぐるりと外回りコースを1周強回るコースとなっています。
最後の直線は約470mと長めで、直線半ばまでは下り坂が続いており、残り200m付近から坂が待ち構えています。
約120mの間に、1.8mの勾配を登るという急坂でレースの勝敗を左右してくることになるでしょう。

阪神競馬場2400m全体としては、向こう正面で1回、直線の急坂を2回の上り坂があり、起伏に富んだコースとなっています。
坂が多いこともあってペースはスローになりがちですが、起伏に富んだコースということで非常にタフなコースですね。
阪神競馬場は荒れ模様になりがちでパワータイプの馬を狙いたくはなりますが、コースの形状と距離が相まってスローの瞬発力勝負になりやすい競馬場となっています。



神戸新聞杯 データ

上位人気馬の成績から見ていきましょう。

1人気(6.1.0.3)
2人気(2.2.1.5)
3人気(1.2.2.5)


複勝率では1人気が7割、2人気、3人気が5割となっています。
過去10年の勝ち馬のうち9頭を上位人気馬で排出しており、上位人気馬の成績は万全という印象ですね。
特に1人気馬に関しては6勝と1人気のみで半数以上の勝鞍を挙げており、頭は上位人気馬からで問題はなさそうですね。
3着内を見ると圏内30頭のうち17頭を上位人気馬で占め、また上位人気馬のみで3着までをわけあった年も2年ありました。
その他の年は5人気が1勝を挙げています
過去10年の馬券圏内30頭中1~3人気の上位人気馬が17頭、4~9人気の馬が11頭、二桁人気の馬が2頭となっています。
割合を見ると上でも触れた通り、上位人気馬3頭で占める割合が6割近くと、馬券の主軸になるのは上位人気馬ということになってきそうですね。
二桁人気の大駆けはほとんどなく、過去10年で2頭となっています。
人気どころが順当に強いレースだったということですね。
配当面を見ていくと3連単配当で10万を超えてきたのは10年では昨年の1回のみと少なく、落ち着いた配当が多いレースですね。
3連単の配当で4桁となることも珍しくなく、順当に本命傾向にあるレースといえるでしょう。
また過去3年間においてやや荒れ模様の配当が見て取れますが、この3年間に関しては中京開催となっており、阪神開催に戻ってくる今年はどうなるか気になるところですね。
中京での開催は1F少ない2200mでの開催ということも覚えておきましょう。


①日本ダービーからの参戦を信頼

最後の一冠へ向けての優先出走権を争うレースの中で、様々な臨戦過程があることでしょう。
その中でもやはり2冠目の世代最高のレースである日本ダービーからの臨戦は信頼を置けますね。
成績は(9.6.2.31)とダービー出走馬から10年で9頭もの勝ち馬を輩出しています。
率においても優秀で勝率は約19%、連対率約31%、複勝率35%となっています。
ここから日本ダービーでの成績に目を向けていきましょう。
日本ダービーにおいて3着内に入っていた馬の成績を見ていくと(7.2.0.2)と鉄板級の数字が出てきます。
単複ともに100%を超える回収率です。
着外に敗れたのは不良馬場での開催だった21年シャフリヤールと18年躓いて出遅れてしまったエポカドーロの二頭ですね。
馬場状態等の大きな不利がない限りは日本ダービー3着内の馬で鉄板といってよい数字でしょう。
反面ダービー出走馬でも2秒以上の大差で負けた馬に関しては(0.0.0.4)とすべて圏外なので、注意しておきましょう。


②血統

阪神競馬場といえば荒れ馬場傾向にあるので、ディープインパクトなどの血統は少し苦戦するだろうと思いがちです。
しかし、コース解説でも触れた通り、距離とコース形態が相まってスローになりがちなレースとなっていますので、瞬発力にとんだ主流血統の活躍が顕著です。
ディープインパクト産駒で4勝を挙げ、キングカメハメハ産駒、ハーツクライ産駒、ロードカナロア産駒がそれぞれ1勝ずつ挙げています。
主流血統と言われる上記の馬たちで7勝を挙げており、日本で活躍する種牡馬を順当に買った方がよさそうですね。

残りの3勝は、

21年ステラヴェローチェ バゴ産駒
15年リアファル ゼンノロブロイ産駒
13年エピファネイア シンボリクリスエス産駒

となっています。



③ノーザンファーム生産馬が強い

タイトル通りノーザンファーム生産馬が非常に強いレースとなっています。
成績は(8.6.4.23)と一つの生産牧場で8勝を挙げるという他の追随を許さない状況となっています。
有力馬が多いノーザンファーム生産馬ですので、人気薄でも軽視は禁物となっており、5番人気以下でも3連対と非常に良好な数字が残っています。
昨年勝利のジャスティンパレス、21年2着レッドジェネシス、16年2着ミッキーロケットが5人気以下での連対を果たしています。
ノーザンファーム生産馬には要注意ですね。

以上が過去10年の神戸新聞杯のデータとなっています。
菊花賞の前哨戦パート2ですね。
こちらもセントライト記念と同様に出走権が必要かそうでないかで本気の度合いが変わってくるレースかと思います。
どの程度まで仕上げてくるのか、余力を残さず仕上げるのか・・・
この辺も予想に加味していくとよい結果を得ることができるかもしれませんね。

後日計測した個別ラップを掲載予定です。




↓クリックで応援お願いします。


中央競馬ランキング



にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村