結果用

神戸新聞杯はサトノグランツの勝利でしたね。
内外問わず伸びる馬場を利用して、しっかりと捌き切った川田騎手はさすがの一言ですね。
それに応えたサトノグランツもよい競馬ができていたと思います。
ダービーで着順としては振るっていなかったものの、しっかりと脚を伸ばしていたところや京都新聞杯の結果を見ても今回勝ったことは妥当な結果といえるでしょう。
鞍上もダービーでは悔しい思いをした雪辱が果たせたことでしょう。
こちらも菊花賞が楽しみな結果でしたね。
それでは結果を見ていきましょう。




2023神戸新聞杯 結果




掲示板までの結果を掲載します。

1着 サトノグランツ   川田将雅
2着 サヴォーナ     池添謙一   
3着 ファントムシーフ  武豊
4着 ロードデルレイ   坂井瑠星
5着 ハーツコンチェルト 松山弘平

サトノグランツが直線での攻防を制して勝利。
ポンとでたように見えたのですが、ゆっくりと中団より少し後方寄りへ下がっていきましたね。
そのまま直線までは同位置でインを捌いての直線でした。
最後の最後までわからない展開ではありましたが、最後の一伸びが違いましたね。
ズブいのかな?騎手の合図に対して少し鈍いところがありそうですね。
ただ反応してからの末脚は素晴らしいもので、ゴールまで数十mといったところから差し切っています。
展開としては後方寄りには向いていなかった点から、能力という点では高いのかなと思います。
ただ今回は川田騎手の手綱さばきがありきなような気はしますね、後方からの競馬を感じさせない素晴らしい捌き方でしたね。
単純な末脚という観点から見るとソールオリエンスを相手取るには厳しいかなと思います。
差し馬として良い末脚を持っているのですが、日本ダービーでのタスティエーラや皐月賞でのソールオリエンスより先着というイメージは少し持ちにくいのかなと思います。
ここまでのタスティエーラやソールオリエンスのように誰が乗っても変わらずに強いという印象は今回持ちにくかったです。
騎手と馬の能力が十分に発揮された結果ではないかなぁと思っています。
菊花賞でお釣りがあるのか判断としては難しいですが、お父さんもとった最後の1冠に向けて頑張っていってほしいものですね。


2着サヴォーナは展開がよく向きましたね。
前有利のペースの中で好位位置程度を譲らずに走っていたことで最後のアタマ差につながっていると思います。
勝ち切りたかったところでしょうね、サトノグランツさえいなければという印象です。
ペースとしても大きく後傾ラップを刻んでいることもあって、末脚が鈍っているということは考えにくいので、単純にキレ負けでしょうね。
サヴォーナもスパッと来るタイプではないということでしょう。
距離伸びればあるいはと思わせてくれる内容かなと個人的に見ています。
ただ菊花賞もペースが上がるというイメージがあまりなく、適正な距離が中距離の馬でもよい勝負ができるというのが菊のイメージですので、キレ負けするとなるとあまりよいイメージがわきませんね。
菊で成績がどうなるかは難しいところですが、優先出走権は取れましたので、本番に向けて調整頑張ってほしいですね。

3着ファントムシーフは結果的に前に行きたかったというダービーから今回はハナをとっていく展開でしたね。
さすがのレジェンド武豊でしたね、スローペースに持ち込んで直線でしっかりと粘りこみを図りました。
最後は少し甘くなりましたが、レコードタイムが出ている点から思っているより伸びたんですかね。
少し甘くなったというのは語弊がありそうですね、キレ勝負になってしまったというのが正しいでしょうか。
想定以上に伸びたのか、それともどこまで粘れるか前哨戦を使ったのか・・・
個人的には本番で不気味な一頭になる結果だったのかなーという印象です。
単純に負けた可能性ももちろんありますが、曲がりなりにも4500勝目前の騎手がそんな前哨戦を単純に負けるかというと・・・
まぁこちらも本番では面白い一頭かなと思います、鞍上も「長くいい脚を使える」と言っていましたので、距離が伸びてよいかもしれませんね。
レース後に「馬場が硬すぎるかも」とも言っていますので、渋ってくれた方が良いかなと思います。


4着ロードデルレイも展開は向きましたね。
先行からよい位置で競馬を進めることができたと思います。
最後も残り100m程度までは勝ったと思っていましたからね笑
ただ想定以上にインコースも伸びたかなぁという印象ですね。
結局かわすに至らなかったところはその辺でしょうね、先頭で内を走っていたファントムシーフの鞍上も硬い馬場と評価しているので、さほど荒れてもいなかったのかなと。
見せ場は十分につくっていたかなと思います。
こちらは賞金的に厳しいですね、また3勝クラスあたりから出直しでしょうか。


5着ハーツコンチェルトもロードデルレイと同様に内が外と変わらずに伸びてしまったかなぁと思います。
鞍上は「思っていた以上に脚を使えなかった」と言っていますが、どちらかといえば内の伸びが良かったと思います。
賞金的には十分に出走可能かと思いますので、菊の舞台で逆転を目指していってほしいですね。


予想印を打った馬の成績

◎ロードデルレイ    4着
○ハーツコンチェルト 5着
▲ファントムシーフ   3着
☆マイネルラウレア   8着

ロードデルレイは差し切れませんでしたね、上位は強かったです。
ハーツコンチェルトも同様に差し切れませんでした、長距離血統のハーツクライですので菊は期待しましょう。
ファントムシーフも本番に期待しています、不気味な一頭かと思います!!

マイネルラウレアは後方からの競馬と展開は向きませんでしたね。
その中でも内外問わず伸びている先頭集団との差を見ると少し過大評価をしていたのかなと思います。
伸びてはいるのですが、やや離されて伸びている点から、先着された馬たちとの差は大きいかなと思います。
また下級条件から出直しでしょう。



以上が神戸新聞杯の結果でした。
前哨戦ウィークはいったん終わり、ついに秋競馬のG1が始まりますね。
秋競馬のG1開幕はスプリンターズステークスとなっています。
今年もここからまた熱い戦いが始まりますね!!


今週はスプリンターズステークスのタイムを掲載していきます。






↓クリックで応援をお願いします。


中央競馬ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村