見解用

今週は天皇賞秋のデータを掲載していきます。
3歳クラシックが終わり、次は古馬混合戦へ移っていきます。
今年の天皇賞は3歳馬の出走はありませんが、昨年のイクイノックスや一昨年のエフフォーリア等、クラシックとは別路線へ向かっていく若駒も増えてきています。
出走頭数は少ないながらもG1馬が5頭に精鋭たちがそろっています。
なによりイクイノックスというG1を4連勝中の現役最強馬といっても過言ではない馬も出走しており、豪華さでは他に引けを取りません。
イクイノックスが貫録を見せつけるのか、それとも待ったをかける馬が出てくるのか注目の一戦です。
それではデータを見ていきましょう。




東京競馬場2000m特徴

東京2000


東京競馬場2000mは1角奥のポケットからスタートします。
100m進んだところで大きなカーブがあり、その後は1800mと同コースを通っていきます。
起伏に関しては、3角手前から緩い上り坂があり、3~4角にかけて下り、最後の直線途中からなだらかな上り坂となっています。
最終の直線の長さは約525mでJRA10場の中では新潟競馬場に次ぐ2番目の長さを誇っています。

特徴としては最初のコーナーに侵入するまでの距離が短く、またコーナーも大きく曲がっているため、多頭数での外枠が不利なコース形態となっていますね。
スピードをつけて先頭をとりたいという点から内枠の馬が譲らない限りは、外枠の逃げ先行馬は不利となってくるでしょう。
直線は長く、瞬発力勝負となることが多く、スピード豊富な瞬発力タイプが好走傾向にあります。

天皇賞秋 データ

上位人気馬の成績から見ていきましょう。

1人気(6.2.1.1)
2人気(1.2.2.5)
3人気(1.1.1.7)


複勝率では1人気が9割、2人気が5割、3人気が3割となっています。
過去10年の勝ち馬のうち8頭を上位人気馬で排出しており、上位人気馬の成績は良好という印象ですね。
勝ち馬という点で見ると上位人気馬が8割を占め、全体的な圏内を占める率も半数以上と上位人気馬の成績としては良好ですね。
3着内を見ると圏内30頭のうち17頭を上位人気馬で占めるにとどまっています。
その他の年は5人気が2勝を挙げています。
過去10年の馬券圏内30頭中1~3人気の上位人気馬が17頭、4~9人気の馬が11頭、二桁人気の馬が2頭となっています。
割合を見ると上でも触れた通り、上位人気馬3頭の占める割合は半分以上で、馬券の主軸に据えるのは上位人気馬ということで問題なさそうですね。
特徴として日本での通年免許を取得しているデムーロ、ルメール両騎手を含めた外国人ジョッキーの活躍が顕著ですね。
過去10年の着内30人中11名が外国人ジョッキーとなっています。
11人に名を連ねたのはデムーロ、ルメール、ムーア、モレイラの4名となっており、特にルメール騎手に関しては6度の着内と圧倒的な成績を残しています。


全体的に配当も落ち着いていることが多く、過去10年で3連単の配当が10万円を超えているのは1度だけと大きく荒れるレースではないですね。
反対に3連単の配当が4桁どまりだった年が近年多発しており、人気馬が順当に強いレースということになってくるかと思います。


①上り33.6秒以内での勝利がある

過去10年の勝ち馬全頭に該当しているデータです。
やはり東京の長い直線とあって、どういった脚質であっても、直線の対応力というものが必要となってきそうですね。
17年の逃げ馬で勝利したキタサンブラックも該当しており、脚質にかかわらず必要な対応力かと思います。
速い上りに対応できる能力が必須ということになってくると思います。

②臨戦過程

前走がG1であった馬の成績が(5.7.4.20)でG2組が(5.3.6.88)となっています。
G3以下のレースを使われていた馬は馬券内すらなく、その時点で足切りをして良いかと思います。
G1組は5着内、G2組は3着内が目安となってくるかと思います。
好走が多いレースは安田記念組(2.2.1.3)、毎日王冠組(2.1.5.35)、宝塚記念組が(1.3.2.12)となっています。
前走の成績は要チェックですね。


③8枠不利

東京競馬場2000mといえば、競馬をしている方であればご存じの通り、コース形態がかなりいびつな形となっています。
競馬場の特徴の項でも触れた通り、スタート直後にほぼ直角にカーブしており、外枠が大変不利なコース形態となっています。
そのため大外枠である8枠は(0.0.2.22)とかなり苦戦を強いられています。
1桁馬番に入れるかどうかというところで大きく好走率が変わってきます。

以上が過去10年の天皇賞秋のデータとなっています。
今回は出走頭数が少なく、回避がなくて13頭でのレースとなりますね。
ただ、G1にしては小頭数ではありますが、精鋭ぞろいの好レースが期待できるメンツです。
格の高いレースであるため、毎年レースレベルが高く、今年もレースレベルは上がりそうです。


後日計測した個別ラップを掲載予定です。




↓クリックで応援お願いします。


中央競馬ランキング



にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村