見解用

今週はディープ記念のデータを掲載していきます。
弥生賞の時期が来ると、いよいよ3歳世代のクラシックが近づいてきたなという印象を受けますね。
今年も皐月賞へ向けての切符をかけた激闘が繰り広げられることでしょう。
こちらも前哨戦とあって、前哨戦の使い方をするのか、それとも是が非でも出走権を取りに行くのかという2点で大きくレースの仕方が変わってくることかと思います。
そういった視点から前哨戦を眺めていくのも競馬の楽しみの一つかと思います。
今年はどういった戦いが繰り広げられるのか注目ですね。
それではデータを見ていきましょう。




中山競馬場2000m特徴


中山2000


中山競馬場芝2000mは内回りコースを使用します。
単純に1800m戦のスタート地点を後ろに200m下げただけのコースとなっています。
スタート地点は4角を曲がり終えたホームストレッチ右端からで、最初のコーナーまでの距離は約405mで1~2角中間までは上り坂です。
内回りコースに入った後、向こう正面は平坦となっています。
3~4コーナーは緩い下り坂になっており、最後の直線となります。
最後の直線は310mと中央4場の中では最短距離で、ゴール前に高低差約2.2mの名物の急坂が待ち構えています。

いきなり急坂スタートとあってテンのペースは遅くなりそうです。
向こう正面からは平坦な直線ということもあって隊列は落ち着きそうですね。
スローペース寄りの展開が予想されますが、スローの割には上りがかかる競馬という印象ですね。
中山競馬場名物の急坂があることから、最後の直線の上りはかかるものと思われます。
後傾ラップ向きでパワーのありそうな馬を見つけていきたいですね。



弥生賞 データ

上位人気馬の成績から見ていきましょう。

1人気(3.4.1.2)
2人気(3.2.2.3)
3人気(2.0.2.6)



複勝率は1人気が8割、2人気が7割、3人気が4割となっています。
過去10年の勝ち馬のうち8頭を上位人気馬で排出しており、上位人気馬の成績としては良好といったところ。
その他の年は4人気、8人気がそれぞれ1勝ずつを挙げています。
圏内30頭のうち、19頭を上位人気馬で占め、過去10年の圏内30頭のうちの6割以上を上位人気馬から排出しており、上位人気馬の成績としては良好ですね。
勝ち馬としては8頭、連対馬も6割、着内も同様に6割以上と上位人気馬の強いレースですね。
過去10年の着内30頭中1~3人気の上位人気馬が19頭、4~9人気の中位程度の人気の馬が10頭、二桁人気馬が1頭となっています。
上位人気馬がそろって圏外にとんだ年というのは過去10年で1度しかないものの、上位人気馬の2頭以上が概ね顔を出しており、軸にするには上位人気馬がよさそうですね。
二桁人気馬の大駆けというのは過去10年で1頭とほぼないに等しいですが、毎年10頭程度の手ごろな頭数で行われているレースですので、二桁人気馬の激走というのはあまり期待できないかと思います。
3連単配当を見ると、数年に一度大きな配当がある以外は波乱決着というのはあまり期待できない印象。
3連単の配当が4桁におさまることも多く、過度な穴狙いは難しいレースでしょう。


①新馬と未勝利からの臨戦は軽視

新馬戦 (0.1.0.6)
未勝利組(0.0.0.11)

上の通り新馬戦と未勝利戦から臨戦してきた馬の成績は不振となっています。
唯一着内に入ったのは19年シュヴァルツリーゼのみとなっていて、基本的には軽視してよい内容となっていますね。
やはりクラシックのトライアルレースだけに、強い相手が多くいると思われる成績ですね。



②7枠8枠が好調

7枠(1.5.1.13)
8枠(5.1.1.13)

7枠8枠の成績をみると非常に良い成績が残っていました。
連対馬20頭のうち12頭が7.8枠から出ており、ここが狙い目ということになってきそうですね。
反対に内寄りの枠は1~3枠合わせて(1.0.5.24)となっており、外枠が優勢という印象を多分に受ける成績ですね。
1~3人気が過去に9頭1~3枠で走ったのですが、連対以上の成績を残したのは20年勝ち馬のサトノフラッグのみとなっており、人気馬が1~3枠に入ったときは思い切って消してみるのも一つの手かと思います。


③関西勢の騎手が強い

過去10年で福永祐一騎手、川田将雅騎手が2勝ずつ、ルメール騎手、武豊騎手、池添謙一騎手、松山弘平騎手がそれぞれ1勝ずつと関西勢の騎手だけで8勝を挙げています。
残りの2勝は21年タイトルホルダー横山武史騎手、22年アスクビクターモア田辺裕信騎手となっており、ヤネは関西勢の騎手が強いという結果が残っています。
馬のほうは14~18年は西高東低ではあったのですが、ここ5年ほどは関東勢の馬が優勢となりつつあり、直近4年では関東馬が勝利しています。
ヤネは関西、馬は近年では関東と頭の片隅に置いておきましょう。


以上弥生賞の過去10年のデータとなっています。
いよいよクラシックが迫ってきたという実感がわいてきますね。
上位3頭に皐月賞への優先出走権が与えられます、前哨戦を是が非でも取りに行くか、前哨戦として使うのかという視点でも予想を変えていかなければならないところかと思います。
難しいですが、競馬の醍醐味ともいえるところではありますので、こういった背景も楽しんでいきましょう。
またクラシックへ向けての有力馬の発見も忘れずに行っていきましょう。


後日計測した個別ラップを掲載予定です。





↓クリックで応援お願いします。
中央競馬ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村