結果用

天皇賞春はテーオーロイヤルの勝利でしたね。
いつも通りの位置取りで先行していき、直線前では少し早めに動き始め、直線では早々に先頭に立ち、そのまま押し切りと横綱競馬の内容でした。
非常に強い内容で、人馬ともにG1初制覇、調教師にも初のG1をプレゼントと孝行息子でした。
鞍上の菱田裕二騎手は「人生で一番うれしい」というコメントを出しており、苦節13年で初の戴冠となりました。
ここ数走の内容と今回の初戴冠でステイヤーという地位を確固たるものにしました。
今後はステイヤーのチャンピオンとして、受けて立つ立場となっていくでしょう。
それでは結果を見ていきましょう。




2024天皇賞春 結果




掲示板までの結果を掲載します。

1着 テーオーロイヤル  菱田裕二
2着 ブローザホーン   菅原明良
3着 ディープボンド   幸英明
4着 スマートファントム 岩田望来
5着 ワープスピード   三浦皇成

テーオーロイヤルが先行する競馬から、押し切っての勝利。
いやー強い内容でしたね、阪神大賞典の勢いそのままでした。
冒頭でも触れていますが、先行→早めの押し上げ→直線早々に先頭→押し切りという本当に強くないとできない競馬でしたね。
ブローザホーンの急追もありましたが、まったく危なげない勝利でステイヤー達の中では頭一つ抜けている内容でした。
横綱競馬というのははっきりいって特筆することはありませんね、先行から押し切る内容で普通に勝ったという印象が強く、派手な大逃げ追い込みに比べるとやはり強くは見えないものですね。
ただ私個人としては本当に強くないとできない競馬であると思います、ステイヤー達の中では頭一つか二つ抜けている存在となったとみてよいでしょう。
馬、鞍上、調教師がG1初戴冠となりまして、非常にうれしい勝利だったことでしょう。
ステイヤー距離の競争でG1が天皇賞春しかないというのが惜しまれますね・・・
もっともっとステイヤー距離での競争を見てみたいものです。
人馬、調教師はG1初戴冠おめでとうございます!


2着ブローザホーンは後方からの競馬でした。
最後の直線ではかなりの脚を繰り出していましたね。
この距離になると、最後の直線で脚を余していない馬が大半ということが多く、直線での末脚における良し悪しの判断は難しく思います。
テーオーロイヤルが強いことは間違いなく、その手前までは差してきているという点から能力の高さも間違いないものかと思います。
また外々を回しているロスが大きい点、後方からの競馬であったこと、内も伸びている点から考えると完全に展開が向いていたとは思えない中でのレースだったと思います。
ただ、厳しい評価をさせていただくと、展開が多少変わろうとも揺るがないのはテーオーロイヤルだけかと思います。
2着以下に関しては展開が変われば着順も変わっていくという評価ですね。
内外の差に関しても同位置程度につけていたスマートファントムとワープスピードが最後は内を選択、ブローザホーンが大外を回し、結果は外を回した後者が2着、内を選択した前者の2頭が4.5着となっており、少々のロスを被っても外のほうが伸びていたのではないかという判断をしています。
各馬の能力差がありますので、一概には言えないことではありますが、私個人としてはこのような判断をしています。
こちらもステイヤーとして現役で代表的な馬に当たります、ですが、こちらはコテコテのステイヤーというよりはクラシックディスタンス周辺もこなせますので、ステイヤー距離以外であればテーオーロイヤルに対して十分に逆転は可能とみています、今後も頑張ってもらいましょう。

3着ディープボンドは4年連続の出走という、これだけでも価値のある出走でしたね。
馬齢的にも厳しめの評価を下していたのですが、これは私の見る目がありませんでした。
マテンロウレオが思ったよりしっかりと引っ張りましたので、ディープボンドに向いたペースだったのかなぁという印象ですね。
相変わらず、トップスピードは足りていない印象がぬぐえませんが、粘りこみを図る持続力というのは素晴らしいものを持っていますね。
7歳ながら持ち前の粘りを活かしての良い競馬だったと思います、どうせならば4年連続2着という記憶にない記録を達成してもらいたかったですが・・・
ここ以外では戴冠ということはあまり考えられないかなぁという印象を受ける馬ですので、引退していてもおかしくない馬齢ですが、是非とも来年も元気に出てきてもらいたいですね。

4着スマートファントムはブローザホーンと同様の位置取りで競馬を進めていきました。
人気に対しての着順としては大健闘といったところでしょう。
17人気が好走しているのだから、外伸びはおかしいと思われる方もおられるでしょうが、レースレベルのほどは置いておいて、ここまでこの馬はクラシック~ロングディスタンスで走ってきて、脚をしっかりと使えていますので、ブローザホーンには悪いですが、内が伸びていなかったと判断しています。
脚質的に後ろすぎたので、今回は見送りましたが、十分にやれるところを見せつけてくれたと思います。
こちらもクラシックディスタンス周辺はこなせそうですね、まずは重賞からという感じです、頑張ってもらいましょう。

5着ワープスピードも2着、4着馬と同程度の位置取りから競馬でしたね。最後はやや置いて行かれたものの、十分に検討したと思います。
私の本命だったのですが、三浦皇成騎手に鞍上が戻りまして、前目につける競馬を見れるかと思い、本命に舌のですが・・・
行き切らず、結局阪神大賞典の時と同程度の位置取りでしたかねぇ・・・
正直末脚を活かす競馬よりは、前から粘りこみを図る競馬のほうが向いていると思うのですが。
また今後もロングディスタンスで見ていきたい一頭です。

予想印を打った馬の成績

◎ワープスピード  5着
〇テーオーロイヤル 1着
▲ドゥレッツァ   15着
☆プリュムドール  10着

ワープスピードは先行して押し切る競馬が見たい、向いていると判断していました。
そこに久しぶりに三浦皇成騎手に手綱が戻って、しかも先行していた時代の鞍上であったので、しっかりと先行していき、これで無理なら私の見る目がない!!で本命を打ちましたが・・・
結局前走程度の位置取りで、何となく消化不良ですねぇ。
勝手に予想して勝手に外してしまっただけではありますので、また糧にしていきたいですね。

テーオーロイヤルは今のステイヤー距離では頭一つ抜けている評価をしています。
本当に秋にロングディスタンスG1作ってほしいなぁ・・・

ドゥレッツァは最後の直線前には手ごたえが怪しくなっていましたね。
戸崎圭太騎手も悪くはないですが、やはりルメール騎手であれば・・・という思いはありますね。
タスティエーラの大阪杯、今回のドゥレッツァでこの世代の評価は低空飛行で安定しそうな感じですね。
前哨戦が金鯱賞であったことや、鞍上次第ではまた浮上もあるかもしれませんが、書いていてもそこまで劇的に変化するほどのことではないような気がします。
クラシック制覇している馬として、タスティエーラ同様に意地を見せてほしいものですね。

プリュムドールは前走の阪神大賞典でブローザホーンよりも評価したい内容だったと判断していました、少なくとも単勝万馬券になるほどの内容ではなかったとの判断でした。
キレを活かすタイプとの判断でしたので、今回のペースは少し厳しかったのかなぁと思います。
位置取りも少し前でしたので、溜まり切らなかった感はあります。
個人的にはマテンロウレオがあそこまでしっかりとペースを引っ張るとは思わなかったので、もっとスロー想定での位置取りは全然ありだったと思います。


以上が天皇賞春の結果でした。
人馬、調教師が初G1となる非常にうれしい勝利でしたね。
菱田裕二騎手の勝利ジョッキーインタビューも「今まで生きてきて一番うれしい」と好感の持てるハキハキとしたもので、表情もこちらもうれしくさせてくれるような笑顔でした。
何回馬券を外しても、レースが残念な結果に終わっても、初という冠がつく勝利はうれしいものですね。

今週は3歳マイル王決定戦、NHKマイルカップのタイムを計測掲載していきたいと思います。

↓クリックで応援をお願いします。


中央競馬ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村